高齢期にかかりやすい病気って?

高齢者は、様々な身体の機能や器官が衰えているので、普通ならそれほどひどい状況にならずに済むような病気で重篤な状態に陥ることが多々あります。
例えば、体力がある時なら感染しても発症しないようなウイルスで重症に陥ったり、肺炎を引き起こしたりということがあります。
また、長年にわたる喫煙や深酒の影響で内臓器官が弱ったりというようなことも増えます。
身体の老化が原因で起こる骨粗鬆症や難聴、老眼、歯槽膿漏など、加齢とともに発症率が高くなる病気もたくさんあります。
しかし、その反面、様々な病気の兆候に気が付きにくいというケースも多く、少々の体の痛みなどは、「年のせい」「ちょっと無理したから」と思って、病気のサインを見逃してしまいがちですから注意が必要です。
高齢期は病気にかかりやすい上に、突然重篤な症状になったり、様々な合併症を併発することも多いでしょう。
体力や内臓機能も低下しているため、がんなどの病気の進行は若い人と比較すると遅くなりますが、その分、病気や怪我の回復も遅くなりがちで、長期間かかってしまうのが特徴です。
それに、長期間、病気や怪我などで動けないでいると、それによってボケが進行したり、ますます身体が動かなくなって歩くのも困難になってしまうなど、別の症状が発症して健康が回復しないということもありえます。
ですから、日頃から予防を心がけ、早期発見・早期治療のための環境作りをしておくことが重要です。

関連ページ

高齢になると身体はどうなってくる?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢になると人格・記憶力はどうなる?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期の病気を予防するには?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期の医師へのかかり方って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢者の精神的な病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。