高齢になると身体はどうなってくる?

年齢を重ねると、身体には様々な変化が現れます。
身体の老化は、見た目だけではなく、見えない部分にもたくさんの影響を与えるのです。
外見の変化で言えば、
・白髪が増える
・髪の量が少なくなる
・肌のシワ・シミが増える
・歯が弱くなる・抜ける
・爪が黄色くなる
・視力が落ちる
・耳が遠くなる
などの症状を自覚することも多いでしょう。
身体に付いた筋肉が全体的に落ちていくので、肌のハリもなくなり、弛んだ体型になっていきます。
また、代謝が落ちるので、体脂肪が増えますし、身体の様々な機能が低下していくことが知られています。
これらの見た目の変化だけでなく、外見ではわからないところでも肉体の老化は起きています。
筋力や持久力の低下による体力の衰えを感じる人は多いものですが、本人にさえ気がつかないところでも老化による肉体変化は起きているのです。
例えば、年をとるほど動脈硬化などのリスクは高まりますし、女性では特に骨粗鬆症が大きな問題となります。

これらは自覚症状さえない肉体の変化ですから、突然重篤な状態で倒れたり、ちょっと転んだだけで骨折してしまったりというように、危険な状態に陥ることも少なくありません。
日頃から適度な運動を行って体力低下を防いだり、肌を若々しく保ったりなど、ある程度の老化防止は可能ですが、その反面、若い頃の不摂生が老化を加速させることも多々あります。
特に、不規則な生活は、様々な面で体に負担がかかりますから、老化防止の大敵と言えます。

関連ページ

高齢になると人格・記憶力はどうなる?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期にかかりやすい病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期の病気を予防するには?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期の医師へのかかり方って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢者の精神的な病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。