高齢になると人格・記憶力はどうなる?

年齢を重ねると、肉体的変化だけではなく、記憶や精神面でも変化があると言われています。
まず、年齢とともに記憶力が低下するというのは良く知られており、たった今何をしようとしていたか忘れてしまうというような事も増えてきます。
これらは脳の細胞がどんどん死滅して減っていることが原因ですが、それ以外にも脳の影響は感情変化や性格変化などにも現れてきます。
例えば、感情に関しては、体力や体の機能の低下も手伝って、物事に対する意欲や集中力、継続力が低下します。
また、自分の思うように行動が伴わなかったりすることで、精神的にイライラしたり、ますます気力や意欲が低下してしまったりと、悪循環に陥ることも少なくありません。
精神的なイライラは周りに向けられることもあったり、執着が激しくなるといった傾向が現れることもあり、他者とのコミュニケーションに悪影響を及ぼすことも多々あります。
よく年をとると頑固になるなどと言われますが、それは特定のことに対する執着が強くなっていることを示しています。
脳の細胞は日々死滅して少なくなりますから、場合によっては性格がすごく変わったと感じられることもあるようですが、根本的な性格が変わったというよりも、日々のちょっとした精神的なすれ違いに対して頑なになっているだけの事もあります。
注意すべきは記憶力に関してで、場合によってはアルツハイマーなど、進行が早い病の場合もありますから周りの人もよく観察すべきでしょう。

関連ページ

高齢になると身体はどうなってくる?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期にかかりやすい病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期の病気を予防するには?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢期の医師へのかかり方って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
高齢者の精神的な病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。