老後の生活記事一覧

近年は、65歳まで働くという選択肢を選ぶ方も珍しくなくなりました。とはいえ、60歳で退職する方も多く、還暦を迎える60歳からの人生を老後と呼ぶのが一般的なようです。gooリサーチと日刊工業新聞が共同で行った老後の生活に関するアンケートによると、老後の不安では第二位の「健康面(55%)」に大きく差をつけて、「生活資金(85%)」が第一位という結果が出ています。このアンケート結果は、65歳まで働くこと...

「おひとりさまの老後」と聞いて、シングルライフを送っておられる方の老後だろう、自分には関係ないだろうと思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、おひとりさまの老後は誰にでも訪れる可能性があるのです。例えば結婚していても、それぞれの寿命は違いますよね。可能性としては離婚もあります。また、子どもがいても、同居する可能性が高いと言えない方も多いと思います。ですから、おひとりさまの老後が誰にでも訪れる...

老後の生活には、気をつけなければいけない点がいくつかあります。その一つが、金銭面です。60歳で退職される方がまず考えることは、収入がある(年金を受給できる)65歳までをどうやりくりするかということでしょうか。選択肢の一つに、就職がありますね。この選択をされる方へ注意点があります。実は、再就職を希望する場合、条件がそろうと定年退職後でも雇用保険を受給できるのです。(ただし年金の受給権がある場合は、ど...

老後生活の資金は、夫婦で25年暮らす設定にすると、少なく見積もっても5千万を超える金額が必要です。目をそむけたくなる現実ですが、早いうちから備えなければならない事だけは確かですね。少しでも多くの資金を老後に残すためには、運用で増やすことと同時に、家計の支出をおさえることが大切です。すぐに思い浮かぶのは、コンセントを抜く、お風呂の残り湯で洗濯をする、タイムバーゲンを利用するなどの日常生活でできる節約...

今まで、老後の資金は年金で何とかしてきたという方が多かったようです。(国民年金だけでは難しいですが、厚生年金を受給していれば、贅沢をしなければなんとかくらせたようです。)しかし、何度も新聞や雑誌、TVで取り上げられているように、年金の受給額は、今後減ってしまいます。しかも、物価が上昇するという可能性も考えられます。このようなこともあって、近年は若いうちから老後資金について考える人も増えているようで...

老後の海外生活は、一度は憧れたことがあるという方が多いのではないでしょうか。けれど、憧れの半面、移住してしまったら後戻りするのは難しいし、一歩を踏み出すには不安が・・・という方も多いはず!確かに、言葉の問題や文化・気候の違いから食、トイレに至るまで、実際に住み始めてから後悔したという声も聞こえてきます。ほとんどの方は、知人のいない土地での生活になるので、現地の友人ができるまでは孤独を感じることもあ...