老後資金のための節約

老後生活の資金は、夫婦で25年暮らす設定にすると、少なく見積もっても5千万を超える金額が必要です。
目をそむけたくなる現実ですが、早いうちから備えなければならない事だけは確かですね。

 

少しでも多くの資金を老後に残すためには、運用で増やすことと同時に、家計の支出をおさえることが大切です。
すぐに思い浮かぶのは、コンセントを抜く、お風呂の残り湯で洗濯をする、タイムバーゲンを利用するなどの日常生活でできる節約でしょうか。

 

実は、支出を減らすには、毎月固定で出ていく費用を減らすと目に見えて効果があります。
例えば、自動車保険や生命保険の見直しです。
自動車保険は使い道によって、生命保険は人生のステージによって必要なプランが変わってきます。
ですから、定期的に見直してみる必要があります。
しばらく見直しを行っていなかった方は、ここの見直しをすることで支出を減らすことができる可能性があります。

 

また、ローンを繰り上げ返済し、金利の分を節約することも一つです。
一時的には老後のための貯蓄を減らすことになったとしても、長期的に見れば増やすことになります。
この繰り上げ返済が結構大きな金額になることもあるのです。
日常生活の中でコツコツと数万円分の節約をしようとしたら大変ですよね。
生活レベルを下げたり、細かいところまで気をつけたりしなければなりません。
それが、この保険の見直しや繰り上げ返済をするだけで、生活レベルを大幅に落とさなくても数万円の節約につながる可能性があるのです。

関連ページ

老後の不安
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
おひとりさまの老後
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
老後生活の注意点
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
老後資金の増やし方
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
老後の海外生活
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。