中高年に多い突然死の原因って?

死亡する直前まで自覚症状が全くなく、発症してから24時間以内に死亡することを突然死と言います。
40代や50代の働き盛りの中高年に突然死が一番多く見られます。
さらに調べていくと、女性よりも男性の方が2倍も突然死の確率が高くなっています。
突然死の原因としてあげられるのは、脳梗塞や脳出血のような脳血管系の疾患などもありますが、一番多いのは心臓病が原因となる心臓突然死なんです。
心臓突然死で亡くなっている方は年間5万人を超え、その中でも特に多く見られるのが急性心筋梗塞です。
これは高齢化が進むと共に増加傾向にあるようです。
ちなみに、中高年の突然死は運動中によく起こると言われています。
ランニングやマラソン中の突然死もよくあるケースですが、実はゴルフ場での突然死が多いことをご存知でしょうか?
中高年で見ると、ゴルフ場での突然死が最も多く、その中でも40代から60代の男性が80%を占めているのです。
その他にも、年間2万人ほどが亡くなっているのが、入浴中の突然死です。
入浴中や直後には、脳出血や急性心筋梗塞を起こしやすい状態なっているからです。
疾患以外の原因としては、現代の食生活の変化によるマグネシウムの摂取量の減少があると思います。
マグネシウムが不足すると心疾患を起こしやすくなるという点から、突然死にも繋がります。
突然死の予防だけでなく、様々な病気を予防するためにも、マグネシウムの摂取が大切でしょう。

関連ページ

中高年の病気とタバコ・飲酒の関係性って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
中高年になると目の病気になりやすい?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
最近中高年のうつ病が増えてきている?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
40代の女性に多い病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。