40代の女性に多い病気って?

月経が終わる時期にあたる40〜50代の女性に多く見られるのが、更年期障害です。
これは卵巣の機能が低下し、ホルモンのバランスが崩れることによって起こります。
卵巣の機能が低下すると、卵巣を刺激するホルモンが大量に分泌され、このホルモンが自律神経に様々な影響を与えるのです。
ちょうどこの年代になると、子供が親元から離れていったり夫の仕事が不安定だったり、両親の介護など心身共にストレスを感じやすくなっています。
そんな時に心と体の両方に症状が現れるので、厄介な病気なのです。
更年期障害の症状としてよく言われているのが、自立神経の乱れによって起こる突然の発汗・動悸や顔のほてりです。
心の方の症状としては、イライラや倦怠感・不安などが見られます。
症状も人によって様々なようですが、軽い場合であれば、自分自身で生活習慣を見直したり、適度な運動をすることで緩和されるでしょう。
ですが、重症な方であれば、病院での診察や治療が必要になります。
主に病院では、ホルモン投与とカウンセリングが行われています。
ホルモン投与は子宮筋腫など、他の病気を悪化させてしまう可能性があるので、自分で勝手に判断せず、お医者さんの指示に従う必要があります。
精神症状が強く出てしまう場合には、精神安定剤や抗うつ剤などの服用を勧められるでしょう。
精神的な症状は、我慢しているとどんどん悪化してしまいますから、早めに対策を取った方がいいです。
更年期障害の他に、骨粗鬆症や高脂血症なども40代の女性に起こりやすい病気です。

関連ページ

中高年に多い突然死の原因って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
中高年の病気とタバコ・飲酒の関係性って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
中高年になると目の病気になりやすい?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
最近中高年のうつ病が増えてきている?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。