中高年の病気とタバコ・飲酒の関係性って?

タバコは「百害あって一利なし」と言われています。
タバコには、ニコチン以外にもタールなどの有害物質が含まれており、その中には発がん性物質やがん促進物質などが含まれているのです。
タバコを吸い続けることにより、肺がんの発症率は高くなっていきますし、食道がん、胃がん、咽頭がんになるリスクも高まります。
もちろん、がん以外の病気にもなりやすいんです。
心筋梗塞や胃潰瘍、血液中の中性脂肪やコレステロール増加なども見られます。
厚生労働省の発表によれば、喫煙習慣がなければ、男性の46%、女性の8%はがんを防げたそうです。
次に、飲酒についてですが、適度なアルコールの摂取は、血行が促進されたり緊張を緩和したりする効果があります。
しかし、飲酒量が多いと、肝臓病などの生活習慣病にかかってしまう危険性が高くなります。
お酒の飲みすぎが原因となる疾患として、肝臓疾患や消化器系、血管系の疾患、脳疾患などもあげられています。
さらに、アルコールは高カロリーであるために、糖尿病や痛風などを招く恐れもあるのです。
また、お酒の飲みすぎは、肝臓だけでなく、脳にも深刻なダメージを与えます。
一日に飲んでもいい飲酒量を守り、必ず休肝日を設けることが大切です。
肝臓は不具合が生じても、自覚できる症状が現れにくいため、飲酒する機会が多いようなら、定期的に健康診断を受けるといいでしょう。
自分は健康だから大丈夫なんて思っていると、発病に気がついた時には手遅れということになりかねません。

関連ページ

中高年に多い突然死の原因って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
中高年になると目の病気になりやすい?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
最近中高年のうつ病が増えてきている?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
40代の女性に多い病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。