中高年になると目の病気になりやすい?

中高年に最も多く見られる目の病気としてよくあげられるのが、白内障です。
白内障とは、年齢を重ねると共に水晶体が白く濁ってきて、物がかすんで見えたりしてしまう病気です。
病気とは言っても、白髪やシワが増えるのと同様の老化現象の一つです。
しかし、白内障は進行すると視力が低下してしまい、コンタクトレンズやメガネで視力を矯正することが出来ないので、日常生活に支障をきたすこともあります。
70歳以上の85%以上の人が白内障であるという調査結果も出ていますが、症状には個人差があるようです。
年齢だけでなく生活習慣も、白内障が進行してしまう要因になりえます。
例えば、やたらとコレステロールの高い料理や肉類ばかりを摂取する栄養バランスの悪い食生活や、喫煙・アルコールの多量摂取などが生活習慣になっていると、白内障の進行が早まってしまうでしょう。
白内障の次に、中高年になるとかかりやすい目の病気が、緑内障です。
緑内障は、「目の成人病」と言われているほど、中高年に多く発症します。
症状としては、初期の段階では自覚症状があまりなく、「目が疲れているのかな」「視野が狭くなったのかな」と思い始めた頃には、相当進行してしまっている可能性が高いです。
眼圧が高くなり、視神経が損傷してしまうことが原因のようです。
何よりも早期発見が重要なので、視力の低下や目の疲れを感じた時には放っておかずにすぐに病院に行って検査することをおすすめします。

関連ページ

中高年に多い突然死の原因って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
中高年の病気とタバコ・飲酒の関係性って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
最近中高年のうつ病が増えてきている?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。
40代の女性に多い病気って?
中年・高齢期の病気は老化によって身体が弱ることによって引き起こるものです。なので普段の生活の中で健康管理や予防を行うことが大切といえましょう。ここではかかりやすい病気やその予防、また老化についてご紹介していきます。